カードローンとキャッシングの違い

nullまずはキャッシングとカードローンの違いについて。

キャッシング

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードに付随のキャッシング
機能を利用して、現金をATMやキャッシュディスペンサーから引き出す行為を意味します。
一般に的に「使途無制限」「無担保」「翌月一括返済」の金融商品のことをいい、保証人や担保なしで、目的自由な現金を借りることができます。
キャッシングは、本人の「信用力=借金返済能力」に対して現金を貸すため、 無担保、融資額は低め、利率は高め、返済方法は「翌月一括払い」になりますが、最近ではリボ払いや分割払いできるところも増えてきています。
少量のお金が必要なら、キャッシングが便利でしょう。

カードローン

カードローンとは「使途無制限」「リボ払い」「無担保」の金融商品のことをいいます。申込み時に予め利用限度額が決められています。
住宅購入資金を借りる「住宅ローン」や教育資金を借りる「教育ローン」、「自動車ローン」のように、使い道が限定されている融資と違い、カードローンは、そのローンの中でもお金の使い道を限定しないで、カードを使って比較的かんたんにお金を借りられるように利便性を高めたものです。
そのため、他のローンよりは金利が高めに設定されていますが、キャッシングよりは低金利の傾向があります。最近では、銀行でもカードローンを取り扱うところが増えています。
一般的には担保が必要とされ、融資額は高く、利率は低め、返済方法は分割払いやリボ払いで「長期分割払い」になります。

Copyright© 2011 キャッシングJAPAN All Rights Reserved.